ホープ「PR-450C」

450C   3

ホープから、インフレータブルフィッシングボートPRシリーズのニューモデル「PR-450C」(15フィート)が新発売。

ハンドル仕様で最大定員7人乗りのパワフルなインフレータブルボート「PR-450C」は、インフレータブル(空気膨張)ボートをベースに船底を硬質の繊維強化プラスチックで形成したRIB(リブ)FRP底のVボトム仕様。

V型の滑走船型として走行性と安定性の高いリブ型の特徴を力強く発揮。低速時はインフレータブル同様の大きな予備浮力が確保され、高速時は波浪衝撃にも難なく走破する強度を合わせ持ったボートで、初心者でも不安なくハンドルが切れる。防舷材(ガンネル)には波返し付きの高級感あふれるボートに仕上がっている。 

450C   2組み合わせる船外機は40馬力から、よりパワフルな50馬力まで選べる。また、風防付きステアリングボックスが標準で装備されるほかリーニングシートなど豊富なオプションパーツによって機能を高めることができる。

全長4.50×全幅2.15×チューブ径0.55メートル。トランサムL、5気室(エアーバルブ5か所・リリースバルブ5カ所)、最大搭載50馬力、定員7人、限定沿海5海里。

ボート単体価格(税別)¥138万。
船外機セット価格(税別)は、セル・チルト&トリム・EFI付きで、トーハツ50馬力が定価¥230万5500をセット特価¥185万。スズキ50馬力は定価¥222万8000をセット特価¥189万。ヤマハ40馬力が定価¥222万9000をセット特価¥190万。
消費税、法定安全備品、船体予備検は別途。

ホープ
TEL093(481)8080

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る