「第1回クルーオフショアゲームスタチウオラウンド」結果リポート

crue00

12月20日(日)、東京湾を舞台に「第1回クルーオフショアゲームスタチウオラウンド」=クルー主催=が開かれた。2015年から始動したメーカーで、その門出にふさわしい好天に恵まれ208人が参加。金沢八景(野島橋)の太田屋から取材した。

<週刊つりニュース東京本社・青砥一生>

7船宿10隻が参加し、ジグで釣ったタチウオ3尾の重量を競う。8時に各船が本牧沖に集crue03結し、気合の入るかけ声とともにスタート。

10分走って到着したポイントはすでに大船団。エサ船も好調に上げている。「(水深)39メートル、下から10~15でやってください」と佐野和也船長のアナウンス。開始早々、左舷ミヨシの村山真吾さんが指3本級を上げる。転勤先の神戸から駆けつけた常連の斉木聖彦さんや胴の間の伏見洋和さんもベイスで指4本級。水深は浅いが上がれば型揃い。crue01

ヒットが途絶えたところで移動し、9時50分から走水沖水深60メートルで再開。ときおり10~15メートル上までの反応が出てぽつぽつと掛かる。

前日は下げ潮に変わってから食いがよくなり、当日も潮変わりの正午近くから好転。山内賢さん・舞花さん夫妻はパターンがハマって連発シーンも。

crue02午後1時に終了で1時40分に本牧港到着。全員が下船し検量。歓談しながら昼食。

司会進行は太田屋に乗船し船宿カラーのベイスで釣果を出したDJの井手大介さん。レディース賞や上位5位の発表され、優勝の堤広樹さんは「ハイギアリールを使っていたが巻きが合わずにノーマルタイプに変えてからパターンがハマりました。フォールでもアタりましたが、ワンピッチの巻きのほうがよかった。先週も練習で来ましたが、そのときとcrue04同じです。ルアーは、ほかの人が使わない色なども選んで頻繁に交換しています」。タックルは竿/オーシャンドミネータータチウオ。リール/コンクエスト200。ライン/PE0.8号、リーダー25ポンド1ヒロに40ポンドを50センチ。ベイス160グラム渡辺カラー。

船長のコメント
「今季はまだタチが落ちきってcrue_kekkaいないので、まだ十分狙えます。状況でワラサ・サワラにリレーします。ご予約お待ちしております」

▼問い合わせ
太田屋 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2020年6月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アナゴを釣ってみよう」 ~早起きなしの納涼フィッシング(2~3面)…
  2. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  3. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  4. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  5. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  6. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  7. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  8. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る