「第49回全日本釣り選手権大会」結果 全日本磯釣連盟

中山章会長(中央)受賞者

中山章会長(中央)受賞者

12月12日(土)、東京都千代田区にあるアルカディア市ヶ谷(私学会館)で第49回全日本釣り選手権大会(=全日本磯釣連盟)の表彰式が行われた。

大会期間は10月1日の日の出から10月31日の日没まで。釣り場は日本全国で、イシダイ、キス、クロダイ、メジナ、イシガキダイ、マダイ、クエ(モロコ)をはじめ、各対象魚の全長で競われた。

zeiso_koyamasan来賓の小池百合子衆議院議員が冒頭のあいさつで「今後も釣りを楽しんで競い合ってください。そして次世代につながるため、地球環境保全に協力を」と述べた。続けて65.5センチのイシダイを釣り上げて内閣総理大臣賞を受賞した小山真二さんをはじめ、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、国土交通大臣賞、厚生労働大臣賞など各部門の受賞者に賞状を授与した。

次に中山章・全日本磯釣連盟会長が「来年は創立60周年を迎えます。伝統と歴史のある連盟を70年100年と続くようにしなければなりませzeniso_ishidaiん。皆さんも、ぜひ協力してください」とあいさつ。続けてマルキユーの下山秀夫営業総括部長、日本釣り振興会の常見秀彦副会長、海洋レジャー安全振興会の小松富士夫安全事業部参与が来賓の祝辞を述べた。

その後は上州屋の伊藤達也総務課長の音頭で乾杯し、懇親会が行われた。そして魚種ごと各部門者が揃っての記念撮影や豪華賞品が当たる抽選会が行われ、盛況のうち閉会した。

大会結果の一部は別表の通り。
zeniso_kekka
▼問い合わせ
全日本磯釣連盟
TEL03(5687)1641

〈週刊つりニュース東京本社・湯浅浩由〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る