「2015鬼掛フカセ釣りオープンイベントin境港」結果 鳥取・境港の沖堤防

11月29日(日)、鳥取・境港の沖堤防で「2015鬼掛フカセ釣りオープンイベントin境港」が開催された。

当日の参加者は57人で、鳥取、島根の人を中心に、山口や滋賀などの遠方から参加した人もいた。

この日は朝の5時半出船。3便に分かれて堤防に渡り、夜が明けるまで待機。1便、2便は6時45分開始、3便の組は7時開始となった。競技規定はチヌ3匹またはグレ5匹の総重量。

釣りの最中には小里哲也インストラクターと光田俊介テスターによる巡回アドバイスも行われた。釣果はまずまずで、大半の参加者がサオを曲げていた。

納竿は午後1時。検量後、成績発表が行われ、森下勝氏がチヌ3匹3685グラムを釣って優勝。その後はお楽しみ抽選会やジャンケン
大会があり、盛況のうちにイベントは終了した。

結果は次の通り。(敬称略)

(1)森下勝 チヌ3匹3685グラム
(2)竹村光夫 チヌ3匹3230グラム
(3)向井明人 チヌ3匹3060グラム
(4)中本周作 チヌ3匹2650グラム
(5)松田剛 チヌ3匹2650グラム

【大物賞】
▽グレの部 平山正男32.5センチ
▽チヌの部 牧本潤一郎45.5センチ
▽レディース賞 山口恵子チヌ2匹1390グラム
▽ベテラン賞 松崎一男チヌ3匹1420グラム

チーム鬼掛事務局=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る