「2016K-1(カワハギグランプリ)第2戦」結果リポート 鳥羽市・国崎沖

優勝した久松選手

1月10日、三重県鳥羽市・国崎沖を舞台に「2016K-1(カワハギグランプリ)第2戦」〈主催・プロショップかつきフィッシング遊〉が開催された。

同大会は、2015年12月13日に行われた第1戦と今回の第2戦のポイント合計で順位を決定し(予選落ちも1ポイント)。上位16人が11月に開催される「2016K-1グランドチャンピオン大会」に出場する。

審査はカワハギの総匹数(同数は重量)。仕掛けは胴つき3本バリでエサはアサリだけ。午前中の予選は午前7時30分から3時間行われ、各船の上位2、3人(乗船人数による)が午後からの決勝戦へ進出する。

午前6時30分から受け付けが始まり、同時にくじ引きで船割り(国崎釣船連合会の7隻参加)と釣り座が決定した。

参加者69人が7隻に分乗して予選会スタート。だが、事前情報通りカワハギの活性は低い。そして午前11時に全船が帰港。すぐに検量が行われたが、最高は4匹。ここ数年で最悪の結果だ。ボウズの参加者もおり、午後からの決勝戦も厳しくなりそうだった。

決勝戦は1時間の休憩を挟んで正午から3時までの3時間勝負。予選を勝ち抜いた16人の精鋭たちが功成丸に乗り込み決勝戦が始まった。

2位の柿木選手午前中と打って変わり、午後からは北西の風が強くなる悪状況に。その上、アタリも少なく各選手は大苦戦していた。

厳しい状況のなか、まずは左舷トモの清水恭仁選手がカワハギを2匹上げて一歩リード。右舷ミヨシの久松秀文選手と浅居修平選手がその後を追う。先制した清水選手はなかなか追釣できず、この間に久松選手と浅居選手、右舷大ドモの柿木雅志選手、左舷ミヨシの平田善政選手は単発だが確実にアタリをとらえた。3位の浅居選手

接戦を繰り広げた結果、中盤にダブルでカワハギを仕留めた久松秀文選手が第2戦の優勝者に決定。厳しい大会が幕を下ろした。順位は次の通り(敬称略)。

(1)久松秀文5匹
(2)柿木雅志4匹
(3)浅居修平4匹
(4)平田善政3匹
(5)清水恭仁2匹
(6)芳山広志2匹
(7)樽井真悟1匹
(8)髙井正光1匹
(9)松本孝幸1匹
(10)山田博久1匹
上位入賞者※2、3位と5、6位、7~13位は同数のため重量で決定。

〈週刊つりニュース中部本社=編集部〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレ盛況」 いよいよ水温も下がりだし、秋磯のグレは盛期を迎えた…
  2. 週刊へらニュース 2017年11月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕はかなり冷え込むように…
  3. 週刊つりニュース西部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み釣り」 ヒラマサやブリ、ヒラメ、大型根魚が躍動する落とし…
  4. 週刊つりニュース関東版 2017年11月24日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ」 12月1日茨城で待望の広域解禁!! 外房~茨城の最新釣況…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「狙うは10キロオーバー!! 青物ジギング激アツ」 ~フィールドは伊…
  6. 店内で開催された八百坂浩司氏の原画展01
    フィッシング遊鈴鹿店が取り組む「ヘドンストリートスズカ」の3周年を記念し、ヒロ内藤さんと釣魚画…
  7. 優勝のよろこび
    優勝の黒田さん 11月4日(土)、内房・勝山で「第7回鋸南町カワハギフェスティ…
  8. shirakobato_00
    11月5日(日)、埼玉県越谷市のしらこばと水上公園で「2017みんなで遊ぼうフィッシング祭りi…
  9. karei_taikai
    神戸市立須磨海づり公園では11月19日に「こども釣り大会」、25日まで「かれい釣り大会 1st…
  10. takatakiko
    12月3日(日)、千葉県市原市の高滝湖で「2017ワカサギ釣り大会」=養老川漁業協同組合、高滝…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る