フィッシング遊「筏かかり釣り大会・生浦CUP」結果

総重量の部で優勝者した若林健次さん

総重量の部で優勝者した若林健次さん

愛知、三重、静岡県下に大型釣具店を構えるフィッシング遊主催で昨年(11月1日~12月31日)に行われた「筏かかり釣り大会・生浦CUP」の結果が発表された。

同大会は、期間中に三重県鳥羽市・生浦湾の協力渡船店(海香、こじま渡船、なかよし渡船、やま栄渡船、美浦渡船、渡船よしかわ)を利用して釣ったクロダイが対象。賞は総重量、2匹長寸、ワンデイ総重量、外道、お楽しみ賞の5部門(総重量と2匹長寸の重複入賞はなし)で競われた。

総重量の部と2匹長寸の部の優勝者には、フィッシング遊の商品券10万円分、その他にも超豪華賞品が贈られた。 大会結果は以下の通り。(敬称略)

  • 2匹長寸の部…(1)奥田英雄106.1センチ、(2)昼河敏樹105.3センチ、(3)岡崎臣也104.8センチ、(4)勢志武二郎102.4センチ、(5)前川浩康102.2センチ、(6)稲垣光一101.5センチ、(7)梅村悟101センチ、(8)塚本正則100.5センチ、(9)冨田敦史99.2センチ、(10)馬場正98.7センチ
  • 総重量の部…(1)若林健次63.7キロ、(2)鈴木伸光50.5キロ、(3)村木秀司37.5キロ、(4)伊藤清貴36.6キロ、(5)北岡悟36.2キロ、(6)後藤英己35.6キロ、(7)眞鍋泰元30.5キロ、(8)菅生勝陸26.59キロ、(9)横幕健仁郎17.9キロ、(10)岩井重夫15.91キロ
  • ワンデイ総重量の部…(1)鈴木伸光16.6キロ、(2)眞鍋泰元15.5キロ、(3)奥田英雄15.1キロ、(4)若林健次13.4キロ、(5)前川正廣13・09キロ、(6)廣田達治13・06キロ、(7)村木秀司13キロ、(8)梅村悟12.6キロ、(9)北岡悟11.4キロ、(10)伊藤清貴10.7キロ
  • 外道の部…富田敦史マダイ57.1センチ、田中勝スズキ75.5センチ、野田有三ヒラメ43センチ、田中栄樹ハマチ42センチ、後藤英己アイナメ41.4センチ、松波和男カワハギ31センチ
  • お楽しみの部(最多エントリー)…(1)奥田英雄11回、(1)若林健次11回、(3)勢志武二郎8回、(3)岩井重夫8回、(3)後藤英己8回、(3)北岡悟8回


▼問い合わせフィッシング遊各店へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月26日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ&シロギス」 夏休み特集第一弾として、気軽に楽しめる東京湾の2…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷」 梅雨明けが秒読み段階に入り、夏ベラ釣りが本番を迎え…
  3. 週刊つりニュース西部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のタイ五目釣り」 胴突き仕掛けで楽しめるタイ五目釣りは人気の釣り…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「真夏のアユ」 ~梅雨が明けるとトモ釣り最盛期(2~3面) 8月…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  6. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  7. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る