【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2016年2月5日号

週刊つりニュース関西版 2016年2月5日号表紙

■今週のつり作戦
「冬の本命・ロックフィッシュ」
底水温で軒並み魚の活性が下がるこの時期でも、近場の漁港や波止で手軽に楽しめるのがガシラやメバル、ソイといったロックフィッシュ。ルアーで狙うので道具はコンパクトランガンで釣り歩くのにも、空いた時間にちょっと楽しむのにも最適だ。今週のつり作戦はソルトルアーのエキスパート・弓削和夫さんにこの釣りを解説してもらった。初心者でも手軽に楽しめるので、ぜひ本紙を参考に挑戦してほしい
———————————–
【フィッシングショー特集】
2月6日、7日の2日間、釣り界に春をもたらすビッグイベント「フィッシングショーOSAKA」が今年も大阪南港・インテックス大阪で一般公開される。今週はこのイベントに合わせて各社の見どころをピックアップ、紙上フィッシングショーを企画した。もちろん恒例のイベント情報、会場図もあるので、ショー当日のプランを本紙で予習し、短い二日間を効率的に楽しもう!

【寒グレいよいよ本番】
北西風の吹き荒れるこの季節、やはりフカセ釣りの寒グレ狙いが面白い。今週は南紀・串本の磯をメーンに、愛媛・宇和島の蒋淵への遠征記に南紀・みなべのカカリ釣りの模様を紹介する。いずれの釣り場も今年は水温低下が遅く釣れだしが遅かったようだが、ここにきて釣果は上伸中。40センチ超の良型も交じり、いよいよシーズン本番の様相だ。例年とは少し違った今年のグレシーズン、釣れている今がチャンス!
———————————–
★福井・敦賀沖のヤリイカ上々
★南紀・田辺&中紀・印南の投げキス
★紀北・海南出船のアマダイジギング
★管理釣り場でマス釣り
★岐阜・朝日池のヘラブナ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年2月5日号は2月1日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2020年6月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アナゴを釣ってみよう」 ~早起きなしの納涼フィッシング(2~3面)…
  2. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  3. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  4. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  5. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  6. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  7. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  8. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る