【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2016年7月8日号

週刊つりニュース関西版 2016年7月8日号表紙

■今週のつり作戦
「紀州釣りの季節」
梅雨が明ければ夏本番! いよいよエサ取りのうるさい季節に突入するが、どんなに厳しい季節でも釣りはやめられないのが釣り人というもの。そんなこれからの季節に威力を発揮するのが、ダンゴでさしエを守りチヌの口に届ける紀州釣り。今週のつり作戦は、この紀州釣りを、名手・松田健二さんに分かりやすく解説してもらった。ぜひ銀鱗輝く夏の元気いっぱいのチヌを攻略しよう!
———————————–
【福井・玄達瀬でヒラマサ痛快】
日本海の大物場として知られる福井・玄達瀬が6月16日に解禁した。完全フカセで大マダイや青物が狙える同地だが、今年は解禁からヒラマサが好調! 今週はそんな玄達瀬の大物狙いを、APC・鈴木利夫さんがリポート。本命のヒラマサはもちろん、イサギにウマヅラとおいしいお土産を多数ゲットした模様。8月半ばには禁漁となってしまうので、大物ファンは急げ!

【アユトモ釣り】
アユのトモ釣りが盛期を迎える梅雨明けはもう少し先だが、関西圏の各河川から続々と好釣果の報が寄せられている。今週は、奈良の吉野川上流、北山川最上流、三重・長瀬太郎生川、滋賀・野洲川、岐阜・和良川、京都・美山川、和歌山・富田川のアユ釣りリポートを掲載する。増水でサオが出せない河川もちらほらあるようだが、梅雨の無聊は本紙の熱い釣行記で慰めていただきたい
———————————–
★京都・久美浜出船のケンサキイカゲーム
★三重・鳥羽のウタセマダイ活況
★梅雨グレ各地で絶好
★徳島・勝浦川のテンカラ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年7月8日号は7月4日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚ライトゲームに夢中」 メバルやガシラといった根魚は、手近な波止…
  2. 週刊へらニュース 2017年3月3日号表紙
    「水城公園しのぶ池」 三寒四温を繰り返し、春の足音が聞こえる季節を迎えた。やがて桜前線の北…
  3. 週刊つりニュース関東版 2017年3月3日号表紙
    ■ボートショー特集 3月2日~5日の四日間、神奈川・パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」 ~興奮のサイトフィッシング(2~…
  5. SHIMANO SQUAREの入り口
    2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4…
  6. 週刊つりニュース西部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ」 今週のつり作戦は、乗っ込み前哨戦ともいえる早春のチヌ…
  7. フィッシングパラダイス「Under baitSP 200(アンダーベイトスペシャル)」
    東京都世田谷区にあるフィッシングパラダイスから玄界灘や長崎平戸、佐世保~五島沖で人気の落とし込…
  8. フォレスト「ネイティブシリー MIU 7g」
    フォレストから渓流、湖で大活躍のスプーン「ネイティブシリーズMIU」に待望の極厚7グラムが新登…
  9. アルミTP-110W 
    ホープから、バスアングラーの待望のパントボート新登場。 「テキサス・パントTP-11…
  10. サンライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」
    サンラインから粘り強さが大型クロダイを浮かす磯釣り用ライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」が3月…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る