【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2016年9月16日号

週刊つりニュース関西版 2016年9月16日号表紙

■今週のつり作戦
「カカリ釣りチヌ有望」
秋のカセ、イカダからチヌを狙うカカリ釣りは、型こそ中・小型がメーンながら数望め、初心者の入門に好適。そこで今週のつり作戦は、「カカリ釣り入門編」として、タックルからダンゴの配合、実際の釣りの流れまで、基本的なことを中心に、この時期好んでサオを出しているという大西満さんに解説してもらった。ぜひ記事を参考に最初のチヌを仕留めてほしい
———————————–
【波止にタチウオ乱舞】
大阪湾の秋は、船も波止もタチウオ一色。特に陸っぱりから狙うタチウオは、朝夕のまずめに食いが立って短時間でも釣果が望めるうえ、ルアーで手軽に狙えるとあってひと際人気がある。今週は淡路島・志筑一文字、大阪・貝塚人工島と、南港のコスモスクエアでのワインド釣行記を2本紹介する。まだシーズン序盤とあって型は小さいのが目立ったが、志筑ではメーター超も出た模様。今後ますます楽しみなタチウオ情報は、本紙にお任せ!

【小アジ賑やか】
夏の間あまり芳しい釣果が聞かれなかったサビキ釣りの小アジだが、秋の気配が漂いだした8月後半、ようやく好調に釣れ始めた模様。今週はそんな小アジ情報を2本紹介。紀北・加太では13~16センチが3ケタ、兵庫・舞子公園では7~12センチを2人で3ケタの釣果が出ている。回遊魚だけに日むらもあるが、ぜひ仲間を誘って出かけてほしい
———————————–
★紀北・加太のガシラ数
★海上釣り堀へGO
★投げキスが熱い
★淡路出船のタチウオジギング
★アユトモ釣り佳境
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年9月16日号は9月12日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る