【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2016年9月23日号

週刊つりニュース関西版 2016年9月23日号表紙

■今週のつり作戦
「ジギング秋の陣」
釣り物が多く楽しみ盛りだくさんの秋だが、そのなかでも特に楽しみなのが、豪快な引きと脂の乗った最高の食味が魅力の青物だ。一般的に青物はノマセ釣りで狙うことが多いが、ジギングで狙ってみるのも一興である。今週のつり作戦は、この青物ジギングをピックアップ。兵庫・明石海峡を例に、APC・主原剛さんに解説してもらった。ぜひつり作戦を参考に、この秋はジギングに挑戦しよう!
———————————–
【秋チヌ最高潮】
チヌは、手近な波止で狙える大物の代表格ということで、古くから様々な釣り方が考案され、楽しまれてきた。今週はそんななかから、フカセ釣りと落とし込み釣りで、APC諸さんがチヌを狙った。まずフカセ釣りは、大阪・堺港、中紀・唐尾漁港を探り、どちらも良型の数釣りが楽しめた模様。また、落とし込みは兵庫・武庫川一文字で40センチをキャッチ。釣友には年無しもヒットし、良型チヌが好調の模様。さらに、波止ではないが三重・三ヶ所のカカリ釣り釣行記も掲載する。チヌ情報は本紙にお任せ!

【アユトモ釣りスパート】
いよいよ佳境を迎えるアユのトモ釣り、盛期ほど数は釣れないものの、20センチ超の良型がメーンでスリリングなやり取りが楽しめる。今週はそんなアユトモ釣り釣行記を8本紹介。特に、大アユのメッカ・兵庫の揖保川はここにきて真価を発揮、良型の数釣りが楽しめた模様。また、和歌山・日置川、富田川でも良型がまずまず。さらに、奈良・天ノ川や北山川支流の西の川でも25センチ前後の型のいいアユを含め好調。大アユを釣って有終の美を飾ろう
———————————–
★投げキスに期待
★秋の新子アオリに夢中
★クランクで淀川のハゼ攻略
★三重・鳥羽の船タチウオ
★野釣りのヘラ奈良・津風呂湖
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年9月23日号は9月19日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る