【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2016年12月16日号

週刊つりニュース関西版 2016年12月16日号表紙

■今週のつり作戦
「寒ベラと勝負」
水温がぐっと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食いは渋くなってくる。しかし、そんな渋い状況下、あの手この手で1匹1匹を拾うような釣りが寒ベラである。今週はいよいよシーズンを迎えるこの釣りを、APC・土屋直人さんに解説してもらった。ぜひこの稿を参考に、冬期に有効な段差の底釣りで、渋い寒ベラを攻略しよう
———————————–
【沖も波止もタチウオ絶好】
近年、大阪湾では年が明けても釣れる魚種になってきているが、夏の終わりから釣れ続いているタチウオも、いよいよシーズン佳境を迎えている。今週は大阪・南港のコスモスクエアと堺港・宇部波止の陸っぱりワインド釣行記に、兵庫・姫路&紀北・加太出船の乗合船でのテンヤタチウオ釣行記を掲載。特に陸っぱりワインドは朝夕の短時間勝負で結果がでるので、忙しい人にもお勧め。ぜひ参考にシーズン終盤のタチウオ釣りに挑戦しよう

【明石&鳴門海峡のジギング】
秋の青物シーズンもいよいよ終盤戦を迎え、なかなか狙いの魚にめぐりあえない季節に移行しつつある。それでもいい日に当たれば丸々肥えたハマチにブリ、サワラがヒットし、アングラーを熱くさせている。今週はそんな明石&鳴門海峡のジギングの模様を、APC・主原剛さんと二杉あゆみさんがリポート。熱い釣りの模様は、本紙でチェックしよう!
———————————–
★ハゼ佳境紀北・紀ノ川&兵庫・高砂港
★フカセ釣りグレ&チヌ
★投げカレイ&キス
★アジングシーズン開幕
★滋賀・朽木でエリアフィッシング
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年12月16日号は12月12日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚ライトゲームに夢中」 メバルやガシラといった根魚は、手近な波止…
  2. 週刊へらニュース 2017年3月3日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水城公園しのぶ池(埼玉)」 三寒四温を繰り返し、春の足音が聞こえ…
  3. 週刊つりニュース関東版 2017年3月3日号表紙
    ■ボートショー特集 3月2日~5日の四日間、神奈川・パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」 ~興奮のサイトフィッシング(2~…
  5. SHIMANO SQUAREの入り口
    2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4…
  6. 週刊つりニュース西部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ」 今週のつり作戦は、乗っ込み前哨戦ともいえる早春のチヌ…
  7. フィッシングパラダイス「Under baitSP 200(アンダーベイトスペシャル)」
    東京都世田谷区にあるフィッシングパラダイスから玄界灘や長崎平戸、佐世保~五島沖で人気の落とし込…
  8. フォレスト「ネイティブシリー MIU 7g」
    フォレストから渓流、湖で大活躍のスプーン「ネイティブシリーズMIU」に待望の極厚7グラムが新登…
  9. アルミTP-110W 
    ホープから、バスアングラーの待望のパントボート新登場。 「テキサス・パントTP-11…
  10. サンライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」
    サンラインから粘り強さが大型クロダイを浮かす磯釣り用ライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」が3月…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る