【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2017年1月27日号

週刊つりニュース関西版 2017年1月27日号表紙

■今週のつり作戦
「投げアブラメ痛快」
キスもカレイも渋い冬の投げ釣りの主役は、アブラメ! ポン級と呼ばれる30センチを超すサイズになれば、ガンガンと頭を振って抵抗し、釣り味も最高だ。特にこれからの数ヶ月は水温も低く、エサ取りも少ない。夢の40センチ、50センチのビッグチャンスとなる。そこで今週のつり作戦は、この投げで狙うアブラメ攻略法をAPC・松尾幸浩さんに解説してもらった。バッチリ防寒してフィールドへ繰り出そう!
———————————–
【大阪湾テンヤタチウオまだまだ】
テンヤで狙う大阪湾の船タチウオは年が明けてもまだまだ好調! 2ケタ釣果も十分狙える食いっぷりだ。今週はそんな大阪湾の船タチウオ釣行記を3本紹介。晩秋の盛期に比べれば食いの渋い日もあるようだが、それぞれ納得の釣果を得て楽しい釣りになった模様。詳細は本紙でチェックしてほしい

【メバリング好機】
冬の波止の人気ものといえばメバル。なかでも1グラム前後の軽量ジグヘッドとワームで狙うメバリングは、手軽で面白くファンも多い。今週は、いよいよ開幕したこのメバリング釣行記を2本(泉南・西鳥取漁港、兵庫・東二見港)紹介。厳寒期の釣りとあって決して好釣果とはならなかったようだが、この寒さのなかでも遊んでくれる魚は居る。ぜひ参考にして、冬の週末を楽しんでほしい
———————————–
★南紀・串本大島の投げカワハギ
★福井・敦賀発のヤリ&スルメイカ
★三重・志摩発の青物ジギング
★管理池で寒ベラと勝負
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年1月27日号1月23日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る