【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2017年2月17日号

週刊つりニュース関西版 2017年2月17日号表紙

■今週のつり作戦
「波止の根魚魅力」
水温がグッと下がるこれからの季節、魚の活性は低くなり、狙える魚種も少なくなる。しかし、そんな低水温期でも期待できるのが、メバルやガシラ、アブラメといった根魚たちだ。今週のつり作戦は、そんな冬の釣りの主役ともいえる根魚を攻略するメソッドを、フィッシングライターの森永誠さんに解説してもらった。手近な波止で狙えるのもありがたい根魚たち、ぜひこの稿を参考に狙ってみよう!
———————————–
【狙いもの充実! 冬の沖釣り】
冬には冬の楽しみあり。各地の船で魅力的な冬のターゲットが好調に釣れている。そんな中から今週は、福井・敦賀沖のヤリイカ、中紀・由良沖のカワハギ、三重・鳥羽沖のメバル、そしてロングランで楽しめている大阪湾のテンヤタチウオの釣行記を掲載。なかでも鳥羽沖のメバルは今がシーズンとあって数も型も納得の釣果が出た模様。詳細は本紙で確認してほしい

【寒ベラと知恵比べ】
水温が下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食いは渋くなっている。しかし、そんな渋い状況下、あの手この手で1匹1匹を拾うような釣りが寒ベラである。今週は大阪・茨木新池、滋賀・甲南へらの池、岐阜・つつじ池とボリューム満点のヘラ情報をお届けする
———————————–
★投げでアブラメ
★紀北・紀ノ川のフカセチヌ
★イシガキダイ求め屋久島遠征
★一庫大路次川の渓流釣り
★滋賀・余呉湖のワカサギ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年2月17日号2月13日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. いすみ市大会ポスター
    11月3日、4日、外房大原で「2017沖釣りフェスタ」=いすみ市沖釣りイベント実行委員会主催=…
  2. musashinoike
    埼玉県さいたま市にある武蔵の池が、新べら放流大会を開催する。 要項は次の通り …
  3. shirakobato
    11月5日(日)、埼玉県越谷市のしらこばと水上公園で「2017みんなで遊ぼうフィッシング祭りⅰ…
  4. tachiuo_battle
    11月26日(日)、東京湾ジギング大会実行委員会主催の東京湾タチウオバトルが行われる。 詳…
  5. FISH UP 秋川湖
    東京都あきる野市にあるFISH UP 秋川湖の2ndシーズンが10月20日にオープン。 サ…
  6. ダイワ 「アナリスターカワハギ」
    持ち重り感にこだわって設計された軽量ブランクスは、持った瞬間にクラスを超えたポテンシャルを感じ…
  7. オーナー 「ワカサギ時短オモリ」
    高速垂直落下するが、ブレず絡まないので手返しがアップ。8面体で下部重心のしずく型形状が垂直落下…
  8. サンライン 「エステル黒ハリス」
    引っぱり強力の向上と同等の結節強力を持ち合わせた最高ランク原糸を採用。伸度が少なく高感度、海底…
  9. 週刊つりニュース関西版 2017年10月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「コマセマダイに挑戦」 秋の船釣りシーズンもたけなわ。狙い物多彩なこ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2017年10月27日号表紙
    ■今週の特集 ~アマダイ鮮烈~腰越・池田丸 2代目アングラーズアイドルそらなさゆりが …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る