【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2017年2月17日号

週刊つりニュース関西版 2017年2月17日号表紙

■今週のつり作戦
「波止の根魚魅力」
水温がグッと下がるこれからの季節、魚の活性は低くなり、狙える魚種も少なくなる。しかし、そんな低水温期でも期待できるのが、メバルやガシラ、アブラメといった根魚たちだ。今週のつり作戦は、そんな冬の釣りの主役ともいえる根魚を攻略するメソッドを、フィッシングライターの森永誠さんに解説してもらった。手近な波止で狙えるのもありがたい根魚たち、ぜひこの稿を参考に狙ってみよう!
———————————–
【狙いもの充実! 冬の沖釣り】
冬には冬の楽しみあり。各地の船で魅力的な冬のターゲットが好調に釣れている。そんな中から今週は、福井・敦賀沖のヤリイカ、中紀・由良沖のカワハギ、三重・鳥羽沖のメバル、そしてロングランで楽しめている大阪湾のテンヤタチウオの釣行記を掲載。なかでも鳥羽沖のメバルは今がシーズンとあって数も型も納得の釣果が出た模様。詳細は本紙で確認してほしい

【寒ベラと知恵比べ】
水温が下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食いは渋くなっている。しかし、そんな渋い状況下、あの手この手で1匹1匹を拾うような釣りが寒ベラである。今週は大阪・茨木新池、滋賀・甲南へらの池、岐阜・つつじ池とボリューム満点のヘラ情報をお届けする
———————————–
★投げでアブラメ
★紀北・紀ノ川のフカセチヌ
★イシガキダイ求め屋久島遠征
★一庫大路次川の渓流釣り
★滋賀・余呉湖のワカサギ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年2月17日号2月13日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る