【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2017年9月29日号

週刊つりニュース関西版 2017年9月29日号表紙

■今週のつり作戦
「アオリイカエギング入門」
秋のアオリイカは小型が主体だが、数が多いうえ警戒心がうすく数釣りが狙える。エギングを始めようという方にとっては最高の時期である。今年も初秋の風が吹きだすと同時に各地から新子の釣果が聞かれだし、いよいよシーズン突入。ということで、今週は秋の新子エギングを、エキスパートの上杉貴人さんに解説してもらった。ぜひ参考にして、釣って楽しく食べておいしいアオリイカに挑戦だ!
———————————–
【大アユに挑め】
あっという間にもう10月、今年のトモ釣りシーズンもあとわずかとなり、いよいよ終盤戦に突入する。数釣りは難しい季節となるが、この時期にはこの時期の楽しみがあり、それが一発大型狙いだ。今週は大アユのメッカ、兵庫・揖保川で開催された「大鮎バトル」の模様を紹介するほか、20センチ超の良型がよく掛かった徳島・吉野川での釣りの模様を掲載。フィナーレのアユ、有終の美を飾る大アユに挑め!

【今井浩次のごちそうさん】
沖釣りのエキスパート・今井浩次さんが、各地の船長から教えてもらった絶品漁師料理を紹介するこのコーナー。今月の料理は「マダイの南蛮漬け」。南蛮漬けといえば小アジを調理するのが一般的だが、今回は魚の王様・マダイで作った逸品。処理方法からワンポイントまで細かに紹介しているので、ぜひ本紙をチェックして挑戦してほしい
———————————–
★キッズ&釣りガールフォトコンテスト2017結果発表
★陸っぱりルアータチウオシーズン
★明石のオフショアゲーム
★徳島・吉野川のトモ釣り良型好調
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年9月29日号9月25日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る