【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2018年2月2日号

週刊つりニュース関西版 2018年2月2日号表紙

■今週のつり作戦
「冬は波止の根魚で決まり」
海水温が一年で最も低くなるのがこれから3月までの季節。この期間は魚の食いもすこぶる悪く、釣り物がグンと減る釣り人にとって寂しい季節である。とはいえ、こんな時期でも楽しめるターゲットはいて、それが手近な波止周りで狙えるガシラ、ソイ、メバルといった根魚たち。今週のつり作戦は冬の主役・根魚をイソメや身エサで狙ってみた。解説は松村計吾さん。昼間より夜のほうがいい型が出やすいので、暖かくして出かけてみよう!
———————————–
【フィッシングショー特集】
2月3日、4日の2日間、釣り界に春をもたらすビッグイベント「フィッシングショーOSAKA」が今年も大阪南港・インテックス大阪で一般公開される。今週はこのイベントに合わせて各社の見どころをピックアップ、紙上フィッシングショーを企画した。もちろん恒例のイベント情報、会場図もあるので、ショー当日のプランを本紙で予習しよう!

【波止のチヌに期待】
最近ではオフシーズンなく楽しめる大阪湾のチヌ、季節は冬本番を迎えたが、フカセ釣りでまだまだ好釣果が出ている。今週は、大阪・堺港と北港への釣行記に、尼崎フェニックスで行われた、マルキユー湾チヌカップの大会リポートを掲載する。盛期のような数釣りこそ難しいが、良型の狙える季節、大型を狙って出かけよう!
———————————–
★南紀・出雲のグレ
★上杉貴人のやっぱり陸っぱり
★玄界灘の青物ジギング
★冬のコイに釣趣
★南紀・古座のハタゲーム
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2018年2月2日号は1月29日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊へらニュース 2021年3月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 春とは名ばかりで今だ厳しい釣りを強いられる埼玉…
  3. 週刊つりニュース関東版 2021年3月5日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ端麗」 繊細なアプローチでイカの女王に接近! …
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「クロ釣り」 陸上では春の日差しも感じられる日も増え始めたが、海中は…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ジャンボヒガンを狙い撃て」 ~カットウフグ大型狙いの季節! 食わせ…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年2月26日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」 寒い冬が終わり、春の足音が聞こえてきた。いよいよ各地で…
  7. 週刊つりニュース西部版 2021年2月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファン春の一大イベン…
  8. 週刊へらニュース 2021年2月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「作田川(千葉)」 立春を過ぎても寒い日が続いているが、常連が足し…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年2月26日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年2月19日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り元気」 コロナ禍も魚たちには無関係。春に向かって元気なターゲット…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る