【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2018年2月23日号

週刊つりニュース関西版 2018年2月23日号表紙

■今週のつり作戦
「渓流釣り」
雪深い渓流にも春の足音。ファン待望の渓流釣りがいよいよ解禁する。そこで今週のつり作戦は、この渓流釣りをピックアップした。解説はこの釣りのメッカ・長良川をメーンフィールドに釣行を重ねるAPC・松森渉さん。初期の渓流と盛期の本流釣りの基本を、分かりやすく解説してもらったので、ぜひこの稿を参考にして、渓流釣りに入門してほしい
———————————–
【渓流解禁特集】
今号は渓流解禁特集。渓流釣りファンに見やすく正確と毎年好評の主要河川解禁データ一覧表を今年もお届けする。中国、四国を含む西日本各地の主要河川を主体に、岐阜、長野などの人気河川も紹介する。解禁日、入漁料、放流量、連絡先など明記してあるので、今シーズンの釣行のデータベースとしてぜひお役立て下さい。なお、次週は今週掲載できなかった遠方の河川を含めた「渓流解禁表」を予定しています

【エサもルアーも船釣りに注目】
三重・鳥羽方面の船釣りで、メジロやブリといった大型青物に、ヒラメやハタといった高級魚が好調! 今週は安楽島発の青物ジギングに相差発のイワシのノマセ釣りの模様を掲載。どちらも甲乙付けがたい好調となっており、読み応え抜群!ぜひ本紙で詳細を確認し、釣行プランを立てていただきたい
———————————–
★紀北・和歌山港の寒チヌ
★南紀・串本田子&安指の寒グレ
★兵庫・播磨新島の投げキス
★愛知・入鹿池のワカサギ
★今井浩次のごちそうさんスミイカのサラダ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2018年2月23日号は2月19日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊へらニュース 2021年3月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 春とは名ばかりで今だ厳しい釣りを強いられる埼玉…
  3. 週刊つりニュース関東版 2021年3月5日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ端麗」 繊細なアプローチでイカの女王に接近! …
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「クロ釣り」 陸上では春の日差しも感じられる日も増え始めたが、海中は…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ジャンボヒガンを狙い撃て」 ~カットウフグ大型狙いの季節! 食わせ…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年2月26日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」 寒い冬が終わり、春の足音が聞こえてきた。いよいよ各地で…
  7. 週刊つりニュース西部版 2021年2月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファン春の一大イベン…
  8. 週刊へらニュース 2021年2月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「作田川(千葉)」 立春を過ぎても寒い日が続いているが、常連が足し…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年2月26日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年2月19日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り元気」 コロナ禍も魚たちには無関係。春に向かって元気なターゲット…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る