【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2018年3月23日号

週刊つりニュース関西版 2018年3月23日号表紙

■今週のつり作戦
「花見カレイ乱舞」
キャスター待望の花見カレイシーズンが到来。今年の冬は例年にない冷え込みで、開幕が遅れるのではと懸念されたが、ふたを開けてみれば2月の後半からポツポツ釣果が出だし、そろそろ本番に突入する。そこで今週のつり作戦は、投げのカレイ攻略法をエキスパート・松尾幸浩さんに解説してもらった。ぜひ、ザブトンと呼ばれる大型を狙って、釣行してほしい
———————————–
【メバルが狙い目】
イカナゴ漁が解禁となると、メバルも活発にこの魚を追うようになり、活性が一気に高まる。船釣りはもちろん、陸っぱりからのルアーでも良型の数釣りが狙えるシーズンの到来である。今週は、兵庫・加古川の本荘ケーソンと神戸須磨浦でのメバリングの模様にくわえ、兵庫・明石出船の船釣りの模様をお届け。特に本荘ケーソンのナイトゲームでは20センチ超が好〝釣〟! 詳細は本紙でチェックしてほしい

【アマゴ好発進】
ファン待望のアマゴが解禁を迎え、いよいよ渓流に春来る。各地から好釣果の報が届いている。そんな中から今週は、和歌山・日高川龍神、熊野川支流四村川、奈良・丹生川、兵庫・黒川ほかの釣行記を掲載。特に和歌山・熊野川支流の四村川では61匹の好釣果をマークし、数釣りが満喫できた模様。また、奈良・十津川村の芦廼瀬川でのルアーフィッシングでは、天然物やイワナも交じって楽しめた模様。ぜひ参考に、春の渓流釣を楽しんでいただきたい
———————————–
★乗っ込みチヌ始動中紀・湯浅のフカセ
★三重・贄浦&尾鷲のグレ
★三重・志摩沖の中深海ジギング
★管理池のヘラ活況大阪・王仁公園新池ほか
★今井浩次のごちそうさんアジ丼
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2018年3月23日号は3月19日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る