【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2018年12月7日号

週刊つりニュース関西版 2018年12月7日号表紙

■今週のつり作戦
「海上釣り堀へいざ」
年末年始でマダイの需要が高まるこの時期、海上釣り堀は注目のフィールドだ。というのも、普通ではなかなか釣れないマダイやシマアジが高確率に釣れ、青物にクエやヒラメといった高級魚も期待できるため。今週のつり作戦では、この海上釣り堀の攻略法を、エキスパートの安田明彦さんに解説してもらった。ぜひ本稿を参考に、お正月のマダイをゲットしに出かけよう!
———————————–
【投げカレイ上々】
冬の投げ釣りはカレイが面白い。今年も産卵のため浅場への乗っ込みが始まり、好釣果が届き始めた。今週は兵庫・神戸の舞子海岸に徳島・郡六突堤でのカレイ狙いの模様を掲載する。どちらのポイントでも本命が釣れたうえ、メジロやスズキ、マゴチといった大型の他魚も登場した。投げのカレイはまだまだこれから。ぜひ記事を参考に釣行してほしい

【沖も波止もタチウオ最高潮】
季節は初冬を迎えたが、沖も波止もタチウオは最高潮!型も数も期待できる最も熱いシーズンに突入した。今週は、大阪・泉佐野発のテンヤ釣りに、兵庫・姫路の坊勢島での陸っぱりナイトワインドほかの模様をお届けする。なかでも、泉佐野発のテンヤ釣りは必見!自己記録である125センチを仕留めたほか、33匹を仕留めてサオ頭もゲットしたとのこと。詳細は本紙でチェック!
———————————–
★フカセ釣りグレ絶好南紀・萩尾ほか
★兵庫・姫路のウキダンゴ釣りチヌ
★福井・音海のアオリイカエギング
★兵庫・たつの市ヒイカエギング
★奈良・安っさんいけのヘラブナ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2018年12月7日号は12月3日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る