【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2019年2月8日号

週刊つりニュース関西版 2019年2月8日号表紙

■今週のつり作戦
「メタルスッテでツツイカ3種」
冬は極端に釣り物が少なくなる季節だが、冬ならではのターゲットも存在する。大人気のメタルスッテで狙うヤリイカがその代表格だ。日本海では年明けから爆釣モードだが、近年注目を集めているのが、冬でも出船率が高い三重・紀東エリアだ。今回は紀東エリアを中心としたメタルスッテゲームを紹介したい
———————————–
【寒グレに照準】
いよいよ寒グレは本番に突入! 例年よりもまだ水温は高いようだが、南紀の磯では連日好釣果が上がっており、釣行先選びも楽しいシーズンとなっている。今週はそんな南紀・串本の出雲、袋、樫野、市江、安指、宇久井に加え、三重・御座の磯フカセ釣行記を掲載する。週末の釣行先選びにぜひ!

【寒ベラと勝負】
厳寒期のヘラは管理池や釣り堀でも、うっかりするとボウズになりかねないほど食い渋るのが普通。そんな状況下、あの手この手で何とか食わせて1匹、1匹を釣っていくのが、また釣趣がある。今週のヘラリポートは、大阪・竹の内、茨木新池、岐阜・朝日池、三川フィッシュパーク、奈良・大和川の5本。どれも苦労しつつじっくり粘っての釣り。どうぞご参考に
———————————–
★三重・御座発 オニカサゴに夢中
★兵庫・神戸の投げカレイ
★三重・本浦のカカリ釣りチヌ
★兵庫・須磨浦漁港のメバリング
★滋賀・田村川のアマゴ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2019年2月8日号は2月4日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る