【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号

週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙

■今週のつり作戦
「フカセ釣りでチヌと勝負」
大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番! フカセ釣りで良型が好調に釣れている。そこで今週のつり作戦は、そんな寒チヌの攻略法を、名手・前西喜弘さんに解説してもらった。低水温のこの時期は、全体的に活性が下がるが、ヒットすれば大型が多いのが特長。年無しと呼ばれる50センチ超も高確率なので、ぜひレコード更新の1匹を仕留めに、波止へ出かけてほしい。これから乗っ込みまで、大阪湾のチヌはノンストップで楽しめる! 
———————————–
【メバリングに釣趣】
冬の人気者・メバルは、産卵後の個体も増えて少々むずかしい季節に突入してきた。しかし、ポイントをしっかり押さえれば釣果も伴い、寒い季節の癒しといえる釣りである。今週は泉南・下荘周辺でのプラッギングと、兵庫・林崎漁港でのジグヘッドゲームの模様をお届けする。特に泉南では障害物周りをスローにタイトに攻めて、23cmを頭に2ケタの釣果が出た。記事を参考に、ぜひ釣行してほしい! 

【まだまだ寒グレ】
磯のフカセ釣りは冬が本番! 産卵を控え丸々太った良型グレが期待大だ! シーズン最高潮を迎えて、各地から好釣果のリポートが続々届いているが、今週はそんな中から南紀・見老津、宇久井、三重・贄浦、徳島・牟岐大島、静岡・南伊豆須崎での釣行記を掲載。各地とも良型グレがよく釣れており、釣りに行くなら今が絶好期! ぜひ、本紙を参考に出かけてみよう! 
———————————–
★大阪湾のテンヤタチウオ佳境
★三重・鳥羽沖のメバルが狙い目
★淡路島・福良一文字の投げアブラメ
★滋賀・余呉湖のワカサギ
★福井・足羽川のアマゴ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2019年2月15日号は2月11日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る