【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号

週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙

■今週のつり作戦
「渓流釣り解禁特集」
北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、関西圏の多くの河川は3月から順次渓流釣りが解禁になる。いまや遅しとこの季節を待ち望んでいたファンも多いのではないだろうか? 今週のつり作戦は、この渓流釣り解禁に合わせて、アマゴのミャク釣りをピックアップした。解説は和歌山・日高川をホームグラウンドにし、シーズン中は足しげく出かけるという渡瀬美知彦さん。山深い渓流にも春の足音。ぜひ参考にして、アマゴ釣りにチャレンジだ!
———————————–
【渓流解禁特集】
今号は渓流解禁特集。渓流釣りファンに見やすく正確と毎年好評の主要河川解禁データ一覧表を今年もお届けする。中国、四国を含む西日本各地の主要河川を主体に、岐阜、長野などの人気河川も紹介する。解禁日、入漁料、放流量、連絡先など明記してあるので、今シーズンの釣行のデータベースとしてぜひお役立て下さい。なお、次週は今週掲載できなかった遠方の河川を含めた「渓流解禁表第2弾」を予定しています

【投げカレイ再始動】
戻りガレイのシーズンが終わり、しばらく一服状態だったカレイだが、場所によってはすでに動きだしている。今週は、淡路島・福良湾のイカダと石川・七尾市の能登島での投げ釣りの模様をお届けする。特に福良湾のイカダは、ポイントが近くてチョイ投げで狙えるお手軽釣り場。もちろん、投げればさらに広範囲を探れる。ぜひ、戻りガレイを狙って、出かけてみよう!
———————————–
★寒グレシーズン最高潮 三重・尾鷲ほか
★淡路島沖の青物ジギング
★泉南・樽井のロックフィッシュゲーム
★冬の管理池でヘラブナと対峙 大阪・フィッシングセンター竹の内ほか
★今井浩次のごちそうさん エソの干物と刺し身
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2019年2月22日号は2月18日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  3. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  6. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、いよいよ本格的なシーズンに突入した…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止釣り!! 名古屋港クロダイ攻略戦」 ~ハワセ釣りで冬の難敵に挑…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月10日号表紙
    ■今週の特集 「初釣り」特集 東京湾初タチ会心 令和2年祝いダイ乱れ咲き 清流…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「門池(静岡)」 長年の放流継続が実を結び、真冬でもウキが動く釣り…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る