【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2019年3月1日号

週刊つりニュース関西版 2019年3月1日号表紙

■今週のつり作戦
「春はサビキマダイ」
春の瀬戸内を賑わせる釣りはメバルにマダイ。どちらも旬のターゲットだが、今回はサクラ色が美しいマダイにスポットライトを当てた。解説は沖釣りのエキスパート・今井浩次さん。タックルから釣り方の基本まで、入門に必要な情報をギュッと詰め込んであるので、ぜひ参考に挑戦してほしい。長い仕掛けの操作に慣れれば、手軽に狙えるサビキ釣りは初心者にももってこいだ
———————————–
【渓流解禁表第2弾】
今号でも初期から期待できる渓流釣り場を紹介する。今回は関西を代表する人気河川である奈良・天の川、吉野川の川上、兵庫・矢田川を現地に精通したAPCが解説。また、渓流解禁表は、前週掲載できなかった関東から東北、そして九州を合わせた全国の主要河川を掲載する。お見逃しなく

【痛快!! 青物ジギング】
昨年12月から釣れ盛っている伊勢湾の青物。今年は高水温の影響かまだまだベイト山盛で釣れまくっている。今週は、三重・鳥羽本浦出船の青物ジギングの模様をリポートする。一時は船中連発ヒットとなり、乗船者はブリ&サワラ祭りを満喫できた模様。ベイトがいる限り、まだまだ青物は有望とのこと。記事をチェックして、現場へいそげ! 
———————————–
★まだまだ好調大阪湾のテンヤタチウオ
★寒グレに夢中紀伊有田ほか
★大阪・堺港のフカセ釣りチヌ
★奈良・津風呂湖のワカサギ
★兵庫・一庫大路次川でマス&アマゴ釣り
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2019年3月1日号は2月25日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月31日号表紙
    ■今週の特集 「アジ高活性」 釣ってよし、食べてよしの味なやつ「アジ」に注目 ・L…
  2. 週刊へらニュース 2020年1月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明秋・川筋(埼玉)」 埼玉県鴻巣市と比企郡吉見町の境にある荒川の…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年1月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフシャロゲーム」 今回は週刊つりニュースAPC、現役の船長、そし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月31日号表紙
    今週号は「2月渓流解禁特集」 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  7. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る