【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2015年1月16日号

週刊つりニュース関西版 2015年1月16日号

■今週のつり作戦
「カワハギと勝負」
カワハギはエサ取り名人の異名を持つほどエサを取るのが上手で、なかなか手強い好敵手。しかし、そんな魚だからこそ、ゲーム性は抜群! また、外見からは想像できない引きの強さに、アフターフィッシングの楽しみと、3拍子揃った魅力のターゲットだ。今週のつり作戦は、足場よくのんびり釣れて人気の、カセ&イカダのカワハギ釣りを、フィッシングライター・森永誠さんに解説してもらった。ぜひ仕留めたカワハギでほかほか鍋料理を楽しんでほしい
———————————–
【船タチウオ佳境】
毎年釣期が長くなっている感のある大阪湾のタチウオ釣りだが、今年も新年を迎えてもまだまだ気配濃厚。今週は昨年末の納竿釣行と新年の初釣り釣行を掲載する。潮により多少釣果にムラはあるようだが、1月中は有望、ぜひドラゴンと呼ばれる大型を仕留めに、同地を訪れてほしい。また、今週は泉南沖へのジギング釣行記も掲載する。テンヤとは違った釣趣が楽しめるので、こちらもチェックしてほしい

【寒グレ絶好調】
北西風が強まり、いよいよ冬も本番! 各地から寒グレ好調の報が届いている。今週はそんななかから寒グレのメッカ・南紀は串本大島の樫野をはじめ、潮岬・萩尾、勝浦、江住、田辺・天神崎、そして中紀・三尾の地磯への釣行リポートを紹介する。各地とも30センチ級の良型が釣れており、場所によってはこれぞ寒グレといった40㌢を超す大型も姿を見せた。ぜひこのチャンスを見逃すな!
——————————
★投げ釣りでキス&根魚
★冬のライトゲーム白熱
★管釣りで渓魚と遊ぶ
★ヘラブナが熱い
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2015年1月16日号は2015年1月12日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る