【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2015年3月13日号

150313kansai

■今週のつり作戦
「エビまき釣りでハネ攻略」
春の日差しを受けキラキラ輝く海面に銀鱗一閃。大阪湾の波止には、この時期スズキの若魚・ハネが回遊してくる。これを生きたシラサエビをまきながら狙うのが、大阪湾の春の風物詩・エビまき釣りだ。今週のつり作戦は、このエビまき釣りをフィッシングライター・森永誠さんに解説してもらった。ぜひこの好期に釣り味満点のエビまき釣りに挑戦しよう!
———————————–
【春告魚・メバルフィーバー】
昔から春の訪れを告げる魚として知られるメバルが、今年も各地の船でシーズンを迎えている。今週はそんなメバル釣り釣行記を2本掲載。1本は徳島・鳴門で、もう1本は三重・鳥羽沖。いずれもベイトは小さく極小サビキに反応がよかったようだが、イカナゴを追うようになれば活性がさらに高くなるのが毎年のパターン。数も型も狙えるので、初心者にもお勧めだ!

【渓流解禁第一報】
3月1日、いよいよ関西圏の河川も渓流釣りの解禁が始まった。今週はその第一報として、和歌山・日高川龍神と日置川支流・前の川を紹介する。どちらの河川も15センチほどがアベレージだったが、数はまずまずで日高川は2人で77匹、日置川は88匹。魚影は濃かったようなので、ヤマザクラの咲くころにはさらに活性は高まり、楽しめるだろう。ほかの河川も今後順次解禁を迎えるので、目が離せない
———————————–
★兵庫・妻鹿のフカセチヌ
★中~南紀のカセでカワハギ&グレ
★奈良・津風呂湖のワカサギ
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2015年3月13日号は2015年3月9日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース西部版 2021年4月16日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みチヌ」 今週号も乗っ込みチヌにスポットを当てていきます! …
  3. 週刊つりニュース関東版 2021年4月16日号表紙
    ■今週の特集 「ボートで海へ」 アジ、シロギス、カサゴ…ターゲットは無限…
  4. 週刊へらニュース 2021年4月16日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「旭新川(千葉)」 不安定な陽気も峠を越し、ようやく春本番を迎えた…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年4月16日号表紙
    ■今週のつり作戦 「幻魚を追え! シロアマダイ」 ~希少度は最高ランクの幻! 食味も一…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年4月9日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り期待感」 マダイの乗っ込みや、浅場で乗り活発のヤリイカ、注目のS…
  7. 週刊つりニュース西部版 2021年4月9日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みチヌ」 今週のつり作戦は、春の一大イベント、乗っ込みに突入…
  8. 週刊へらニュース 2021年4月9日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大津川(千葉)」 手賀沼本湖を含む手賀水系各所の釣り場が、もはや…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年4月9日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロダイ追撃」 ~腹パンの乗っ込み銀鱗絶好機!! お勧めポイント…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年4月2日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り意気揚々」 暖かく心躍る季節が到来 いざ揚々と沖へ ----…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る