【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関西版 2015年12月4日号

週刊つりニュース関西版 2015年12月4日号表紙

■今週のつり作戦
「投げアブラメの季節」
キス、カレイがお留守の冬場、投げ釣りの好敵手となるのがアブラメだ。特にシーズン初期の今からは、ポン級と呼ばれる30センチ超の個体も期待できる最高の季節だ。今週のつり作戦は冬の投げ釣りの主役・アブラメをピックアップ。名手・松尾幸浩さんにポン級攻略のあれこれを解説してもらった。冬もやっぱり投げ釣りが面白い!
———————————–
【晩秋から初冬の船釣り魅力】
マダイ、青物にタチウオ、大アジ、晩秋から初冬の沖釣りは釣り物多彩で魅力たっぷりだ。今週はそんな魚種豊富な各地の船釣をたっぷり掲載。手軽な大阪湾のテンヤタチウオに大アジ五目釣りをはじめ、福井・越前、三重・石鏡沖のマダイ、青物釣り、そして南紀・勝浦のアカムツとバラエティー豊か。きっとお気に入りの釣り情報が見つかるはず!

【フカセ釣りグレシーズン】
気温の低下にともないいよいよ水温も低下してきたのか、ここにきてグレの釣果がウナギノボリ。各地の磯から好釣果の知らせが舞い込んできた。今週は南紀日置から勝浦にかけてのフカセ釣り釣行記をご紹介。特に串本大島から勝浦にかけてのエリアは、これからの厳しくなる北西の季節風下でも釣りができる、寒グレのメッカ!ぜひ本紙の釣行記を参考に釣り場へ出かけてほしい
———————————–
★東播・播磨新島の落ちギス活況
★陸っぱりタチウオワインド佳境
★林崎のロックフィッシュゲーム熱い
★管理池のヘラと勝負
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2015年12月4日号は11月30日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. ayu_00
    天然アユが激減しています。しかし漁業協同組合の努力で増えている河川もあります。放流アユだけに頼…
  2. シーガー「シーガー PEX8」
    同社PEシリーズで最も伸びが少ないグランドマックスPE。8本組を採用し強度を徹底追及している。…
  3. BMO JAPAN 「ワカサギリール台」
    ステンクランプベースがセットになったワカサギリール台BM-WR-CP02が新発売。万力で簡単に…
  4. ホープ「PP-110PX3」FRP分割組み立て型スモールボート
    11フィートのスモールボートのFRP分割組み立て型「PP-110PX3」(3分割)が発売中。 …
  5. 週刊つりニュース関西版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレ盛況」 いよいよ水温も下がりだし、秋磯のグレは盛期を迎えた…
  6. 週刊へらニュース 2017年11月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕はかなり冷え込むように…
  7. 週刊つりニュース西部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み釣り」 ヒラマサやブリ、ヒラメ、大型根魚が躍動する落とし…
  8. 週刊つりニュース関東版 2017年11月24日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ」 12月1日茨城で待望の広域解禁!! 外房~茨城の最新釣況…
  9. 週刊つりニュース中部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「狙うは10キロオーバー!! 青物ジギング激アツ」 ~フィールドは伊…
  10. 店内で開催された八百坂浩司氏の原画展01
    フィッシング遊鈴鹿店が取り組む「ヘドンストリートスズカ」の3周年を記念し、ヒロ内藤さんと釣魚画…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る