【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース関東版 2018年2月9日号

週刊つりニュース関東版 2018年2月9日号表紙

■今週の特集
「シロギス&イシモチ」
ビギナーからベテランまで手軽に楽しめるシロギス&イシモチ。2面では東京湾金沢八景・荒川屋から出船したシロギスの模様をレポート。水深30メートル前後の深場を狙ってアタリは頻発。さあ、どう掛ける? 難しい時期だけに面白い。3面は東京湾門前仲町・冨士見からイシモチ狙いで出船。ビギナー女性が良型をキャッチして笑顔満開。釣り人の特権・刺し身を美味しく食べるには、血抜きをしっかりと
———————————–
★寒ビラメ好調(36面)
茨城鹿島KFB清栄丸
船中7人でオデコはなくトップ5尾

★落ちたらどうする!?(4、5面)
2月1日~着用が義務化されたライフジャケット。落水したときの対処の仕方は? 本紙編集部員が実際に体験して、その効用を確かめた

★アジング入門(35面)
千葉県の房総をホームグラウンドにしているソルトルアーアングラー・渡邉長士さんが、タックルからポイント選びまでビギナーにも分かりやすく明瞭解説

★ヤリイカ(6、7、8面)
茨城鹿島・大久丸、不動丸
食味が抜群で、この時期の人気釣り物。パラソル級が次々と乗って。併せて釣り方&仕掛けも紹介

★アカメフグ(10面)
繊細な釣趣と食味で人気上昇中のアカメフグの攻略法を林良一さんが紹介。今回は第二回

★天気図の見方(12面)
天気図が見方が分かれば、風向きや強さが読める。それによって適したポイント選定が可能に。前号に続いて今回は後編
———————————–
★お年玉ビッグプレゼント第一弾当選者発表
★メジナ…城ヶ島で良型。マダイのおまけも
★ワカサギ…山中湖&諏訪湖
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2018年2月9日号は2月5日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2018年4月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「神流湖(埼玉・群馬)」 輝くような新緑を望みながら良型の引きを楽…
  2. 週刊つりニュース関東版 2018年4月27日号表紙
    ■今週の特集 「GW特集」 待ちに待った大型連休はもう目の前。そこで船釣り、陸釣り、釣…
  3. 週刊つりニュース関西版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「GWは海上釣り掘りへ」 マダイや青物といった大物、場所によってはハ…
  4. 週刊つりニュース西部版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 GW特集第1弾「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、GW特集第1弾として…
  5. 週刊つりニュース中部版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ウタセマダイ開幕戦」 ~伊勢湾口周辺の伝統釣法健在!! 乗っ込みの…
  6. yume
    大阪・堺出島港の夢フィッシングでは、7月29日まで「夢ハネ・シーバスフェアー」が開催されている…
  7. hisatagawa
    5月4日、京都・久多漁協(京都市左京区久多下の町37)で「久多の里第12回あまご釣り大会」が開…
  8. 5月6日、大阪・貝塚の水藻フィッシングセンターで「第35回リーダース関西へらぶな釣り大会」が開…
  9. 4月29日、兵庫・川西市の猪名川漁協で「2018マス釣り&猪名川浄化運動大会」を開催。…
  10. ogawa
    千葉県我孫子市にある小川つり堀園で春季大会を開催する。 要項は次の通り …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る