東京渓流釣人倶楽部 新規会員大募集

003

東京渓流釣人倶楽部 新規会員大募集

渓流にロマンを求めてご一緒しませんか! 東京渓流釣人倶楽部(通称東渓釣クラブ)では昨年、平成28年、創立60周年記念祝賀会を無事催すことができました。当倶楽部を応援して下さった多くの関係者に厚く御礼申し上げます。この機にあたり、広く新規会員を募集いたします。
 
会員募集に関するお問い合わせ、入会希望の方は下記へご連絡下さい。また、例会を東京渋谷で開催していますので、ぜひ気軽に見学にお越し下さい。 

ビギナーからベテランまで、また“川ガール”を目指す方の参加もお待ちしています。なお、経験者、若年層、運転免許のある方、大歓迎です。 

◎概要
創立:昭和32年(1956年) 
参加団体:日本渓流釣連盟 
名誉会長:佐々木一男(日本渓流釣連盟名誉会長) 
会長:近松昭雄 会員数25名 

◎会の特徴
自由な雰囲気で和気あいあい、楽しい釣りを、そして、自然を通じ節度ある釣りを! 
エサ釣りの師範、本流釣り・毛ばり釣り名人、源流釣り・キャンプの達人、山菜博士、カラー魚拓名人、山岳ガイド、狩猟ハンター等々多士済々のメンバーが揃っています 

◎活動内容
月例会…春から秋のシーズン中は毎月一回東京渋谷で開催 
釣行会…年間8回程度を企画(自由参加)。土日の一泊釣行が主体 
放流…ヤマメ・イワナ稚魚放流及び発眼卵放流 
入会金…5,000
年会費…12,000円

◎入会要件
60歳未満で、健康上の不安がないことを条件にしています。
釣りの経験、運転免許の有無など詳細は問い合わせください。

◎特別招待企画
ヤマメ稚魚放流勉強会とお試し釣行会(放流&釣り体験)
当倶楽部を理解していただくため、入会に少しでも関心がある方々をご招待します。
希望者は事前に(日帰りか泊まりか)お申し出下さい。
招待人員若干名、参加費1,000円(傷害保険料として) 
行き先…東京都奥多摩小河内漁協管内の渓流(人家のない清流。管理釣り場ではありません) 
宿泊…東京都 山のふるさと村(懇親会)※放流体験のみの日帰り参加でもOKです 

  • 予定日…4月1日(土)8:45JR青梅線古里駅集合~2日(日)。放流は1日午前中で終了します。※電車の方は最寄り駅へ送迎します 
  • 行事内容…1日午前中は、小河内漁協管内でのヤマメ稚魚放流体験、午後からヤマメ釣り体験、夕方から山のふるさと村(ケビン泊)にて極上イノシシ肉の焼き肉、ボタン鍋を囲み懇親会。希望者には、2日午前中にもヤマメ釣り体験をして頂けます

▼連絡先
入会希望または入会に関するご質問・問い合わせは
〒353-0005埼玉県志木市幸町1-8-68
近松昭雄(東渓釣クラブ会長)
TEL:048-474-5283
携帯電話:090-7710-8056
電子メール:tsurikichikamatsu@jcom.home.ne.jp

  


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚ライトゲームに夢中」 メバルやガシラといった根魚は、手近な波止…
  2. 週刊へらニュース 2017年3月3日号表紙
    「水城公園しのぶ池」 三寒四温を繰り返し、春の足音が聞こえる季節を迎えた。やがて桜前線の北…
  3. 週刊つりニュース関東版 2017年3月3日号表紙
    ■ボートショー特集 3月2日~5日の四日間、神奈川・パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」 ~興奮のサイトフィッシング(2~…
  5. SHIMANO SQUAREの入り口
    2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4…
  6. 週刊つりニュース西部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ」 今週のつり作戦は、乗っ込み前哨戦ともいえる早春のチヌ…
  7. フィッシングパラダイス「Under baitSP 200(アンダーベイトスペシャル)」
    東京都世田谷区にあるフィッシングパラダイスから玄界灘や長崎平戸、佐世保~五島沖で人気の落とし込…
  8. フォレスト「ネイティブシリー MIU 7g」
    フォレストから渓流、湖で大活躍のスプーン「ネイティブシリーズMIU」に待望の極厚7グラムが新登…
  9. アルミTP-110W 
    ホープから、バスアングラーの待望のパントボート新登場。 「テキサス・パントTP-11…
  10. サンライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」
    サンラインから粘り強さが大型クロダイを浮かす磯釣り用ライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」が3月…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る