【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース西部版 2016年2月12日号

週刊つりニュース西部版 2016年2月12日号表紙

■今週のつり作戦
「寒チヌ釣り」
今週のつり作戦は、寒チヌ釣りにスポットを当てる。河口や岸壁、波止から手軽に狙える近場の好ターゲット・チヌ(クロダイ)は、古くから親しまれてきた釣魚。当然、釣法は数多いのだが、今回はフカセ釣りに注目。1年のうちで最も低い水温下、粘り強く活性の上がるタイミングを待ち、数少ない魚信をものにした瞬間の喜びはひとしお。そんな寒チヌ釣りを鶴原修APCが分かりやすく解説してくれた
———————————–
【今週の磯釣り】
今週の磯釣りは、各地でアツいバトルが展開されている寒グロ釣りが主役! もはや説明不要、連日クロ釣り師たちが足繁く通う大分県南の磯々をはじめ、宮崎・串間、長崎・中五島~神浦沖の小角力など、クロ釣り師ならば一度はサオを出してみたい好磯がズラリ! 大型一発の期待も膨らむこの季節…さあ、最新釣行リポートをチェックして、クロに会いに行こう!

【今週のソルトゲーム】
今週のソルトゲームは、冬の寒さを吹き飛ばす旬のリポートが目白押し! 手軽に楽しめる陸っぱりゲームでは、福岡市・姫島や北九州・関門橋周辺でのメバリング、鹿児島・谷山港でのアジングリポートなど人気のターゲットが揃い踏み!一方、オフショアは長崎・生月島沖でのタイラバゲーム。本命マダイは40センチを皮切りに65センチも…さらにタカバ2キロ超や良型アマダイのオマケも付きました~!
———————————–
★寒チヌご対面に破顔一笑! 長崎・平戸
★大型ヒラメよこい! 玄界灘の落とし込み
★浅場で挑む熊本・宇城・浅川のヘラブナ
★お年玉ビッグプレゼント第1弾当選者発表
★各地の海釣り公園最新情報
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年2月12日号は2月7日(日)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2017年6月2日号表紙
    ■今週の釣り物「ムギ・マルイカ」 しっかり誘い、繊細なアタリを察知。ゲーム性が高い釣り物で…
  2. 週刊つりニュース関西版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「スロージギングに挑戦」 初夏の沖はお魚パラダイス。魅力的な魚が目白…
  3. 週刊へらニュース 2017年6月2日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「豊英湖(千葉)」 千葉県君津市にある豊英湖は三島湖、戸面原ダムと…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ナマズゲーム] ~昼も夜もエキサイティング!! ハマり過ぎには注意…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ブラックバス」 今週のつり作戦は、趣向をガラリと変えて、いきなりホ…
  6. 釣具のまつお
    大分県日田の三隈川沿いに店を構える釣具のまつお。三隈川をはじめ日田エリアはアユ釣り場として知ら…
  7. marukyu
    マルキユーからコイ釣り用配合エサ「粒鯉」が新発売。 動物性の素材を主体に用いた、集魚…
  8. hayabusa
    ハヤブサから遊動式鯛ラバ「無双真鯛フリースライド」シリーズに、新形状のネクタイが登場。 …
  9. dai3matsuei_hirame
    外房大原の第三松栄丸で開催されていた第10回ヒラメマスターズ。5月6日(土)に今季のヒラメ釣り…
  10. gama_ayu
    がまかつからアユ竿「がま鮎 競技GTI」が新発売。 極泳がせ…泳…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る