【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース西部版 2017年2月17日号

週刊つりニュース西部版 2017年2月17日号表紙

■今週のつり作戦
「アジング」
今週のつり作戦は、ルアーでアジを狙う「アジング」にスポットライトを当てる。徐々に春は近づきつつあるが、海の中はまだまだ厳寒期。狙えるターゲットが少ないのが実状だが、そんな中でも陸っぱりで手軽に狙えるのがアジ。壱岐などでは30~40センチオーバーの大型が狙えるとあって、足繁く通うファンは少なくない。今回はライトタックルで痛快な引きが楽しめるアジングの世界を岩室拓弥APCが案内してくれた
———————————–
【今週のソルトゲーム】
今週のソルトゲームは、つり作戦に連動したアジングから開幕! 「ギガアジ」とも呼ばれる40センチクラスの大型アジを狙って乗り込んだは長崎・壱岐。期待に胸を膨らませてランガンするが反応はなく、先行者の多さも相まって空振り。そこで湾内へと転戦、すると目標サイズには届かないものの尺超えの本命が…。ほか佐賀・唐津~長崎・鷹島のメバリング&アジング、鹿児島・桜島海づり公園のロックフィッシュ、響灘のタイラバゲームが紙面を盛り上げてくれました!

【今週の磯釣り】
外へ出るのも二の足を踏んでしまう厳寒期…それでも熱気みなぎるファンが集うのは磯の上…そう、寒グロ狙いの磯々だ。今週号には、大分県南・米水津の磯はもちろんのこと、長崎・上五島、熊本・天草、宮崎・北浦など、九州各地の磯から最新のクロ釣りリポートが続々と到着! さあ、防寒装備をととのえてクロを狙って磯へGO!
———————————–
★高級魚続々! 玄界灘の沖五目釣り
★お年玉ビッグプレゼント第1弾当選者発表
★「フィッシングショーOSAKA2017」ミニリポート
★熊本応援プロジェクト! 最新釣り情報一覧表
★各地の海釣り公園最新情報
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年2月17日号は2月12日(日)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 武蔵の池中高生の部優勝の田山君
    8月5日(土)、第47回ジュニアへら鮒釣大会(日本へら鮒研究会主催)が関東の4カ所の釣り場で開…
  2. 45778_lineup1
    シマノからリーズナブルなランドセル型バッグ「MOVE BASE(ムーブベース)へらバッグ&am…
  3. カシオ 「PRO TREK Smart WSD-F20」
    アウトドア向けスマートウオッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」は、低消費電力G…
  4. オーナーばり 「閂キハダX」
    スレた大型キハダを攻略。軽量“タタキ"仕様の閂キハダについにパワータイプ…
  5. ホープ「PR-450C」
    リブボート(複合艇)PRシリーズのニューモデル「PR-450C」がリリース。ハンドル仕様の7人…
  6. ダイワ 「DE-6607(BE EARTH - FRIENDLY ポロシャツ)」
    環境に配慮した、リサイクルポリエステルメッシュ素材を採用し、吸水速乾&UVカットに優れ…
  7. リコー「WG-50」
    リコーから防水・耐衝撃のコンパクトカメラ「リコーWG-50」が発売中。 水深1…
  8. 大洋ベンダーズ 「マグ太郎W」
    10本バリに対応したマグネット式フックキーパー。従来のフックキーパーやマグネットプレートより圧…
  9. メーン
    大物・超大物釣りのファンに愛されて続けているロッド&リールメーカーのアリゲーター技研が…
  10. 週刊つりニュース西部版 2017年8月25日号表紙
    ■今週のつり作戦 「近場サビキ釣り」 ファミリーフィッシングの定番といえばサビキ釣り。…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る